main_kakari

水戸守 寿洋 先生 みともり子どもクリニック

今回は阪急茨木市駅から徒歩3分、駐車場も隣接されているみともり子どもクリニック様をご紹介致します。

推薦者の声

藤野 宣之 先生

藤野こどもクリニック

私が国立循環器病センターで研修をしたときに指導していただいた先輩の一人です。さすが京都大学出身という幅広い知識と頭の回転の速さは当然として、真摯に病気と患者さんに向き合う姿勢を間近で見せていただけたことは大きな財産となりました。小児科以外のご友人医師のネットワークも素晴らしく、複雑な整形外科疾患の患者さんの相談にものっていただいたことがあります。


増田 博 先生 ますだ整形外科クリニック

今回は近鉄古市駅より徒歩5分 整形外科 リハビリテーション科 リウマチ科 ディサービス 訪問リハビリテーションを行われますますだ整形外科クリニックの院長 増田先生を紹介いたします。

推薦者の声

阪本 博史 先生

阪本クリニック

増田先生は、大阪市大整形外科医局の先輩で、前・羽曳野医師会会長、現在は大阪臨床整形外科医会の会長をされておられます。 地域の住民からは「優しい先生」との評判で、老人医療の一環として、デイサービスもされております。常に患者の身になって治療を考えておられ、地域の患者さんからも慕われ続けている先生です。


面家健太郎 先生 あわのこどもクリニック

岐阜市粟野東岐阜バス「高富大龍寺前」バス停すぐ小児科 あわのこどもクリニックの院長の面家先生を紹介いたします。

推薦者の声

宗村 純平 先生

面家先生とは国立循環器病研究センターで2年間の研修時期に一緒に働かせていただきました。 患者さんのことを常に考える、明るい先生でした。また知識も豊富で色々なことを教えていただきました。 岐阜に戻られてからは滋賀県の心臓病の重症疾患を何度も紹介させていただきました。どんな緊急時でも快く患者様を引き受けていただき、また転院後の経過を丁寧に伝えていただき大変心強かったです。 そのような面家先生ですから地域医療に携わられても患者さん目線での丁寧な診療をされると確信しております。


姜 信午 先生 姜(かん)内科クリニック

医療法人厚生会 あき心のクリニックの米山先生にご紹介頂きました姜(かん)内科クリニックの姜 信午(かん しの)先生をご紹介致します。

推薦者の声

米山 亜妃 先生

医療法人厚生会 あき心のクリニック

大学の同級生です。学生の頃から勉強熱心でユーモアがあり、おしゃれで皆から慕われていました。私と同時期に姜先生も開業したと伺い、再び連絡を取り合えるようになりとても心強く感じています。 甲状腺機能異常から精神症状を認める患者様も多いので、そのような方は甲状腺疾患をご専門とされる姜先生にご紹介させて頂いています。誠実な先生なのでとても信頼しています。


澤 芳樹 先生 大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科

日本再生医療学会では、患者やその家族、一般の方を対象にした『患者相談窓口』を開設しております。 日本再生医療学会患者相談窓口 電話03-6262-3120  受付時間①10時~13時  ②14時~16時  受付日 月・水・金曜日 *祝日、年末年始は除く

桑山 泰明  先生 福島アイクリニック

今回のおすすめドクターは、大阪市福島区にある福島アイクリニックの院長 桑山泰明先生をご紹介します。 福島アイクリニックは、国内初の緑内障の専門クリニックです。 病院や診療所の眼科医が、桑山先生に緑内障の治療を依頼され、紹介状のある患者さんが多く来院されています。 桑山先生は緑内障の名医と言われています。

推薦者の声

芝 英一 先生

医療法人 英仁会  大阪ブレストクリニック 

桑山先生は、厚生年金病院で多くの緑内障患者さんの治療にあたってこられました。2009年4月に福島駅の近くで開業されました。目に関するあ らゆる相談や緑内障患者さんに、おすすめのドクターです。



main_column

糖尿病の症状とは
澤木 秀明 先生
澤木内科・糖尿病クリニック

赤いブツブツが出る皮膚トラブルの原因は?
藤井 公男 先生
ふじい皮ふ科クリニック

高齢化出産 まだ妊娠は可能?
山下 正紀 先生
山下レディースクリニック

心筋梗塞や脳卒中の対応処置
泉岡 利於 先生
医療法人社団宏久会泉岡医院

肩こりのあれこれ。打撲等の治療方法
井尻 慎一郎 先生
井尻整形外科

不妊症について
塩谷 雅英 先生
医療法人社団 英ウィメンズクリニック


news_list

2018 / 07 / 13 ブレインズパートナー情報を更新しました。
弁護士 土屋勝裕 先生と民事信託の専門家である司法書士 杉谷範子 先生の各2名が新規登録されました。

2017 / 04 / 26 産経新聞に掲載されました。
2017年4月26日 産経新聞朝刊に掲載されました。