豚インフルエンザの脅威

すでに確認されたメキシコ・米国・カナダ・スペインと世界的な広がりを見せる豚インフルエンザ。
さらに感染の疑いのあるなどを合わせると16か国に拡大しているようです。
WHO(世界保健機関)では、世界的な大流行の可能性ありとして警戒レベルを4に引き上げる検討に入ったとの今朝のニュースです。

世界的な大不況のさなか、今度は豚インフルエンザで世界的な規模での感染病が蔓延するとなると、本当に憂鬱な気分になりますが、しばらくは冷静に経過を見守るしかないのでしょう。

インフルエンザ治療薬タミフルが有効であれば、早期の増産と医療機関への配置が望まれます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です